ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

庭の雑草がダニの原因かも!?

山に行ったわけでもなければ、
公園や河原の草むらに入った覚えもない。
それなのに、自分が、もしくはペットがマダニに咬まれた!

 

・・・その場合、一つの可能性として考えられるのは

 

庭の雑草!

 

まずはお庭の状態をご確認ください。
ひょっとして、雑草が伸び放題になっていたりしませんか?

 

マダニなど、屋外に生息するダニは
雑草に身を潜めて寄生する相手を待ち構えています。
ですから、「隠れる場所」を提供するということは
自らダニをおびき寄せているようなもの・・・。

 

実際に、庭の雑草を全て抜き取ったところ
ダニによる被害に遭わなくなったというケースも多いんですよ。

 

大変な作業になるかもしれませんが、
まずは雑草を取り除くことが一番の対策と言えるでしょう。

 

ただし、その途中にダニに咬まれてしまったのでは
全く意味がない!
作業する際は、袖口からダニが入り込まないように、

 

手首や足首、首元をしっかりガードできる服装で臨みましょう。

 

ダニ除けスプレーもお忘れなく!

なぜ雑草を好むの?

それにしても、マダニは雑草を好むのでしょうか。

 

理由の一つは、「マダニは普段、草を食べている」ということ。
「えっ、寄生する動物の血液から栄養を得ているんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、
それは脱皮や産卵の栄養を得るため。

 

実は、草もマダニの好物なのだそうです。

 

ですから、雑草が増えればマダニも増える!というわけ。

 

逆に言えば、雑草がなければマダニは生きていけませんので、
除草することがマダニ退治につながるのです。

 

もう一つの理由は、身を隠すのに都合が良いから。
雑草の間に潜んでいれば、
直射日光にさらされることもありませんし
温度も湿度も彼らにとって快適な環境。
室内で例えれば、絨毯やカーペットの繊維の間に潜んでいるようなものです。

 

ぬくぬくして心地よい場所で、ターゲットがやってくるのを待つ。
そして、相手が気づかないうちに飛びつき、寄生して、
血液から栄養を得て子孫を残す活動に備える・・・。

 

マダニの繁殖行動は実にしたたかですね。

効果的な対処法は?

庭のマダニ大発生を予防・食い止めるためには、
とにもかくにも雑草を駆除することが効果的です。

 

とはいえ、人体やペットへの影響を考えると、
除草剤を撒くのは抵抗がありますよね。

 

そこでぜひお試しいただきたいのが、
「防草シート グラスバスター」という商品です。

 

素材はPET100%で作られた布のようなもの。
これを庭の土に被せておくことで
植物の光合成を妨げてその成長を抑制することができるのです。

 

いくつかサイズがありますが、
まずは100p×100p 975円のタイプを試してみてはいかが?

 

また、すでにマダニが大量発生してしまったということであれば、
雑草の上からシートで覆って
その中でバルサンなどの燻煙剤を焚くという方法も有効です。

 

燻煙剤は室内でダニやゴキブリを駆除する際に使われるアイテムですが、
周りに拡散しないように工夫すれば屋外の害虫駆除にも使えるんですよ。

 

室内とは違って家具を保護する手間に要りませんので、
わりと気軽にお試しいただけるのではないでしょうか。

 

どんな物でも、アイデア次第で色んな使い方ができるんですね。
風がない日を選んで、 ぜひトライしてみてください!