ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

皮膚のかゆみだけじゃない!アレルギー症状

「ダニが原因のアレルギー症状」と言うと、
咳や皮膚のかゆみを思い浮かべる方も多いことでしょう。
実際、小児喘息のほとんどはダニが原因のようです。

 

しかし、ダニによるアレルギー症状は
上に挙げた症状ばかりではありません。
例えば、「目がかゆい」という症状。
「花粉症でもないのに、目がかゆい」
という方はいらっしゃいませんか?

 

「外に出ると症状が緩和するけど、家に帰ってくるとひどくなる」
「特定の部屋にいると目がかゆくなる」
こういったケースは、
ダニによるアレルギーである可能性が高いですね!

 

目がかゆい原因は、生きているダニそのものではなく、
その抜け殻や排泄物、死骸です。

 

これらがハウスダストとなって体内に入った時、
身体が「これは異物だ!外に出さなければ」と
過剰反応している状態なのです。

 

身体が自分で自分を守る
防衛機能のことを「免疫」といいますが、
この機能の働き方には個人差があります。

 

一般的に、外敵に対して免疫機能が過剰に反応してしまう方は
「アレルギー体質」と言われており、
ダニに対する反応も強く出てしまう傾向があるようです。

もしかして、アレルギー性結膜炎?

ダニが原因で目がかゆいという症状が出ている場合、
それは「アレルギー性結膜炎」である可能性が高いですね。
目のかゆみに伴って、鼻水やクシャミが出るのが特徴です。

 

同じ結膜炎でも、原因が「ウィルス性」であった場合は
目が充血したり涙が出やすくなったりします。

 

まぶたが腫れるという症状もよく出るようなので、
比較的簡単に判別できるでしょう。

 

アレルギー性結膜炎には、大きく分けると
「季節性」と「通年性」の2種類があります。

 

【季節性】
特定の季節に発症し、その季節が過ぎると症状が緩和します。
ほとんどは花粉や黄砂が原因です。

 

【通年性】
季節を問わず、発症します。
ハウスダストやカビ、ペットの毛、ダニの死骸や老廃物が主な原因となります。

 

ただ、

 

「初夏〜秋にかけて繁殖活動が盛んになる」
「寿命は3〜4か月」

 

というダニの生態を考えると、

 

9月、10月は死骸が増えてアレルギー症状が強く出る

 

とも考えられます。

キレイな瞳を守るために

目がかゆい時というのは、
かけばかくほどかゆくなるもの・・・。

 

気づけば、目が真っ赤!
まぶたが腫れて、
まるでお岩さんみたいな状態になっていることも。

 

目は心の窓とも言われますから、
できれば常に澄んだ状態をキープしたいものです。

 

アレルギー性結膜炎を予防するには、一にも二にも、
原因となる物質を除去することが大切です。
それには、まず掃除・・・と言いたいところですが
掃除の過程で舞い上がった塵やホコリで
症状が悪化することも多いですよね。

 

目がかゆい時に限らず、掃除をする時には
常に眼鏡とマスクを着用しましょう。

 

花粉対策用のゴーグルのような眼鏡だと、より効果的です。

 

また、盲点なのはエアコンです。

 

カーペットや寝具のダニ対策は徹底していても
エアコンや換気扇のフィルター掃除がおろそかになっている
・・・という方は結構多いようですよ?

 

エアコン内部には小さな塵がたまりやすく、
ダニやカビの温床になりやすい環境。

 

少なくともワンシーズンに1回はメンテナンスを!!