ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ニキビの原因は様々

「思春期は鏡を見るのも憂鬱になるほどのニキビに悩まされた」

 

「10代はツルツル美肌だったのに、20代の後半になって急にニキビが・・・!」

 

「30代になってから定期的にニキビが大量発生するようになった」

 

ニキビの症状については人によって様々なパターンがありますよね。
私も、思春期にはニキビができたことはほとんどありませんでしたが、
25歳を過ぎてからおでこやあごに大量発生してずいぶんと苦戦しました。

 

今になって当時を振り返ると、

 

  • 「使い慣れない化粧品を使うようになった」
  • 「仕事が忙しくて寝不足が続くようになった」
  • 「職場での人間関係でストレスを抱えていた」
  • 「生活習慣がめちゃくちゃでホルモンバランスが崩れていた」

 

・・・と、様々な原因が絡み合って生じていた症状だったのでしょう。

 

ニキビの原因は一つではなく、年代によっても異なります。

 

例えば思春期は「女性ホルモン<男性ホルモン」という分泌比率になるため
皮脂腺の働きが活性化して
毛穴に皮脂が詰まりやすくなることが原因。
ホルモンバランスが調ってくると、
自然にお肌もキレイになっていきます。

 

一方で、社会人になってからのニキビはもっと複雑!
食生活、物理的な刺激、乾燥、精神的なストレス、
肌にあわないメイク、間違ったスキンケア・・・
様々な理由で角質層が暑くなり、
皮膚のターンオーバーがスムーズに行われなくなることが原因です。

 

ターンオーバーとは、いわゆる「新陳代謝」のこと。
新陳代謝が低下するということは、要するに、
お肌のゴミを溜め込んでしまう状態だということです。

 

そして、ニキビの原因としてもう一つ。
それは、ダニ!
私たちの皮膚には「毛包虫」と呼ばれる顔ダニが棲んでおり、
彼らが大量繁殖するとその老廃物などで毛穴が詰まって
ニキビが大発生することがあるのだそうです。

ニキビダニって何者?

コスメを変えたわけでもないし、生活が不規則なわけでもないし、
取り立てて強いストレスを感じているわけでもない。

 

生活パターンが変わったわけでもないのに
なぜだかニキビが大量発生!
・・・という時は、ニキビダニの仕業かもしれません。

 

ニキビダニは、正式には次のように分類されるダニの総称です。

 

節足動物門鋏角亜目クモ綱ダニ目ケダニ亜目ニキビダニ科ニキビダニ属

 

.シャーペンの芯(0.5mm)の直径の半分くらいのサイズですから、
鏡で見て「あ!いる、いる」と認識するのは難しいですが、
なんと一つの毛穴に5匹以上も生息していることもあるそうですよ。

 

その一生は、次の通り。

 

卵 → 孵化 → 幼虫 → 脱皮 → 第一若虫 → 脱皮 → 第二若虫
→ 脱皮 → 成体

 

この過程が、ぜ〜んぶ自分の顔の上で繰り広げられていると思うと
なんだかちょっと気持ち悪いですよね・・・。

 

前には進めないという性質を持っており、
同じ毛穴の中で一生を過ごすそうです。

 

見た目は気持ち悪いですが、このニキビダニは
基本的には私たちの健康には無害です。
皮脂を食べてその量をコントロールしてくれているので、

 

ある意味ではお肌の健康を維持する上で
非常に役立つ存在とも言えるんですよ。

効果的な予防法&治療法

ただ、何事もバランスが大事。

 

ニキビダニも繁殖し過ぎると肌荒れの原因となります。

 

数が増えれば、それだけ彼らの死骸や排泄物も増える・・・
つまり、毛穴が詰まったり不潔な状態になりやすくなるわけですから
ニキビができやすくなったり、悪化しやすくなったりします。

 

では、どうすれば良好なバランスを保つことができるのか?

 

最も有効な方法は、寝る前の洗顔です。

 

ダニは私たちが眠っている間に行動するので
その時にダニのエサとなる皮脂や古い角質が残っていれば
そこから栄養を得て繁殖力を増していきます。

 

洗顔は、「ニキビダニにエサを与えない」という
最もシンプルで手堅いダニ予防対策と言えるでしょう。

 

ちなみに、皮膚科ではニキビダニ駆除に効果のある
軟膏やクリームを処方してくれるそうです。

 

★ZZ軟膏・・・有効成分は硫黄
★XFMLクリーム・・・有効成分はメトロニダゾール

 

「これを塗っていたらニキビの凸凹がだいぶ改善した」
という口コミが多い商品ですから、効果は期待できるはず!

 

いずれも医薬品ですから、
購入には医師の処方箋が必要です。

 

個人輸入で購入できるサイトもあるようですが、

 

「商品使用上いかなる問題が生じても弊社では責任を負えません」

 

という記述もあり、なんだか不安を覚えます。

 

安全性を確保する上では、やはり医師を介して
正規のルートで入手するのが確実ですね!

こんな興味深い研究結果も報告されている!

実はこのニキビダニに関して、面白い研究結果が発表されています。
(カリフォルニア大学アカデミーで進められている研究です。)

 

それは、ニキビダニには

 

「アフリカ」「アジア」「ラテンアメリカ」「ヨーロッパ」
という大きく4つの系統がある

 

ということ。
つまり、私たち日本人の顔に棲みついているダニと、
ヨーロッパの人の顔にいるダニは系統が違うということです。

 

確かに、アジア人とヨーロッパ人の肌質は全然違いますよね。
ですから、海外で評判の良い化粧品でも
日本人が使うと「お肌がボロボロ」なんてこともよくある話。
肌の水分量や脂量が違うわけですから、
そこを住処とするダニの種類が違うというのも納得のいく話ですね。

 

とはいえ、人類の起源はアフリカであると言われていますし、
そこをスタートとしてニキビダニがどのような進化をたどってきたのか、
どんな戦略で種を保存してきたのか・・・。

 

それを解き明かすことで、
私たち人類の進化の謎も明らかになるのでは?
ここが、今後の研究の焦点となりそうです。

 

厄介者扱いされがちなダニが、

 

実は私たちの進化の謎を解明する鍵を握る生物だった!

 

というのは、非常にセンセーショナルですよね。