ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

寒い冬、ダニたちはどうしているの?

ダニは、暑くてジメジメしている夏に繁殖する生き物。
寒くて空気が乾燥しやすい冬は生きられないから、
冬場のダニ対策は必要ナシ!

 

・・・そのように誤解されている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、ダニには梅雨〜秋に繁殖行動が盛んになります。

 

しかし、冬だからと言って安心してもいられないのです!

 

何もしなければ室内でも0℃を下回ることもあるでしょうから、
ダニは到底繁殖できないはず。
しかし、私たちは暖房を使って家を温めますよね。
その結果、室内は常に20度前後に保たれるわけです。

 

おまけに、風邪・インフルエンザ対策として
加湿器をつけたりしますね?

 

暖かくて、湿度が高くて・・・、
そうです!結果的に、

 

ダニにとって過ごしやすい環境を作り出しているというわけ。

 

最近の住宅は気密性や断熱性に優れているため、
エアコインの効き目もバッチリ。
外気の影響を受けにくいので、
ダニにとっても好都合なんですね。

 

それに、私たち人間が住んでいる限り、
食料に困ることもありません。

 

布団やカーペットの奥深く、タンス、クローゼット、押し入れ、ソファー。
あらゆる場所で、ダニは冬場でもしっかり命をつないでいるのです!

どうする?冬のダニ対策!

生きているということは、排泄物を出すということ。

 

ダニの寿命は約3か月ですから、死骸も出ます。
これらは、放っておくとハウスダストの一部となり、
様々なアレルギー症状を引き起こす原因となります。

 

つまり、冬場もダニ対策を怠ってはいけないということですね!

 

また、もし冬場の室温や湿度が
ダニの成育に適した条件でなかったとしても、
卵は死滅せずに冬を越すことができるのだそうです。

 

ですから、

 

冬のうちに卵を除去しておけば
温かい季節のダニ大繁殖を阻止できるということ!

 

そこでここでは、冬場にやるべきダニ対策をご紹介します!

 

暖房器具は、使用する前に掃除をする

 器具の中に溜まったホコリにもダニが棲みついています!
 そのまま使用すれば、室内にダニや老廃物をまき散らすことに・・・!

 

 

温度や湿度を上げ過ぎないようにコントロールする

 洗濯物の室内干しや加湿器の過度な使用は控えましょう。
 具体的には、温度は20℃以下、湿度55%以下が理想的です。

 

 

まめに換気して、空気を入れ替える

 室内を舞うハウスダストにはダニの老廃物が含まれています。

 

 

布団やカーペット、ラグなど洗えるものは丸洗いをする

 水洗いすることによって、卵を流すことができます。

冬こそ、ダニ撲滅のチャンス!

夏場だと、温度や湿度を下げた状態をキープするのは難しいでしょう。
しかし冬であれば、窓やドアを開けっ放しにしておくだけで
簡単に室温を下げることができます。

 

つまり、冬こそダニ撲滅のチャンスだということですね!

 

温度20℃以下、湿度55%以下の環境をキープすることで
ダニの活動を鈍化させ、弱っているところをダニ獲りマットや
くん蒸剤などで一網打尽!

 

ファブリック類をまめに丸洗いしたり、
いつも以上に丁寧に掃除機をかけたりすることで
卵や死骸を取り除いておけば、
夏場のダニ繁殖を効果的に抑制することができます。

 

「冬だから安心」なのではなく、
「冬だからこそ」という発想の転換
ダニによる被害を食い止めるポイントと言えるのかもしれません。

 

関連ページ

ダニにとって心地よい環境とは
ダニは何を食べて生きているのか
ハウスダストとダニの関係
ハウスダストを減らす方法
家の中ですべきダニ予防対策
ペットはダニ発生の原因になる?
アルコールを使ったダニ予防法
アロマでダニ対策
赤ちゃんのためのダニ対策
大切な衣類をダニから守るために
羽毛布団のダニ対策
季節に応じたダニ対策
ダニに効く忌避剤。オススメ3選
ダニ対策に空気清浄機を。トレンドをチェック!
毛ダニの正体と予防法
ダニは線香に弱い?効果的な使い方
ふとんのダニ対策に掃除機は欠かせない!人気商品は?
どうする?ソファのダニ対策
実は最も危険!畳のダニ対策
ダニがつかない布団とは
ハーブでオシャレにダニ予防
ファブリーズでダニを追い払おう
ダニを繁殖させないフローリングのメンテナンス法
マットレスの正しいメンテナンス法
ダニの繁殖を許さない!効果的な枕ケア
ユーカリでさわやかにダニ予防
床材に合わせたダニ対策
実は盲点!ラグのダニ対策
ラベンダーの虫よけ効果に注目!
女子にオススメ!ローズマリーで虫よけ
ゲルを使ったダニ対策グッズ
急な来客、大丈夫?座布団のダニ対策
グレープフルーツで虫よけ
溜め込んだ段ボールが危ない!