ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ローズマリーってどんな植物?

化粧品や入浴剤の成分欄を見ていると、

 

「ローズマリー」

 

というキーワードをよく見かけます。
その名前の印象から、
可憐でかわいらしいお花をイメージしますが
実際にはどのような植物なのでしょうか。

 

ローズマリーの原産地は、地中海。
ちょっと意外ですが、シソ科に属する植物です。

 

細胞の老化をブロックする「抗酸化作用」が強いそうで、
「アンチエイジングのハーブ」として有名。
なるほど、だから化粧品によく使われているんですね。

 

また、「集中力を高める作用がある」ということで、
その精油はアロマテラピーにもよく使われます。

 

もう一つ注目すべきは、
ローズマリーの主成分であるロスマリン酸。

 

抗菌作用・抗ウィルス作用に加えて、防虫効果もあるのだとか!

 

確かに、うちの母も、「虫除けの効果があるから」と
プランターにローズマリーを植えていました。
玄関や窓まわりにローズマリーのリースを飾る方も多いんですよ。

 

ダニ除けに効果があることも知られており、

 

「カーペットや畳に
ローズマリーオイルを薄めたものをスプレーしておく」

 

というダニ駆除方法もよく使われています。

ローズマリーでダニ対策!

ダニ防止に効果的なローズマリースプレーの作り方には
いくつかのバリエーションがあります。

 

私の実家でよく作っていたのは、ごくシンプルなもの。
精製水100mlに
ローズマリーのエッセンシャルオイル(精油)を5〜6滴。
これをスプレーボトルに入れるだけです。

 

主には家庭菜園の虫よけに使っていたのですが、
母は「虫がつかなくなった」と喜んでいました。

 

他にも、レモンを使ったスプレーもあります。
レモンの薄切り(1個分)と乾燥ローズマリーの葉(大さじ1)を
耐熱容器に入れて、上から熱湯250mlを注ぎます。
ふたをして冷蔵庫で1晩保管し、
それをろ過した液体をスプレーボトルへ!

 

レモンに含まれる成分(リモネン)とローズマリーのW作用で
高いダニ忌避効果が得られるのだそうです。

 

ただし、レモンの成分で布類が変色してしまうことがありますので

 

衣類やファブリック類に使うのは避けたほうが良さそうですね。

 

「ペットの皮膚に噴霧してダニを除ける」
という目的で使っている方が多いようです。

 

ちなみに、ダニに咬まれてかゆい時にこのレモンスプレーをつけると
「かゆみが楽になった」という声もあります!

効果がなかった場合はどうする?

「できれば殺虫剤を使わずにダニ対策をしたい」
「良い香りに癒されながらダニ予防をしたい」
という方を中心に、
アロマを使ったダニ対策が人気を集めています。

 

その一つとしてローズマリーがあるわけですが、
中には「思ったような効果が得られなかった」という辛口評価も。

 

確かに、精油は揮発しやすいので効果が長持ちしませんし、
自然成分を利用した対策は
「絶対に効く」と100%の効果を保障するものではありません。

 

そんな時は、他の植物で試してみましょう。
「ダニ除けに効く」と言われているハーブは
ローズマリーの他にもこんなにあります!

 

  • ティーツリー
  • セイジ
  • シダ―ウッド
  • ペパーミント
  • スウィートオレンジ
  • ユーカリ
  • シトロネラ
  • パインニードル
  • ラベンダー
  • パチュリ
  • ゼラニウム

 

最近はハーブの精油もリーズナブルな価格で手に入りますので、
あれこれ試してみて楽しみながらダニ対策ができるのが理想的ですね。

 

「嫌だ、嫌だ」と思ってやるだけでは、
ダニのせいで時間を無駄にしたような気持ちになってしまいます。

 

「良い香りだな」と楽しみながら対策するくらいがちょうど良いですね!