ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

不名誉な疑惑、かけられていませんか?

「○○さんの家に行ったら身体がかゆくなった。」

 

みなさんの中にも、
そんな経験をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

特に多いのが、「お尻がかゆくなった」というケース。
中には、お尻にくっきりと“咬み跡”が残っていたという方もいます。

 

これはつまり、ソファーや座布団など
「座った物」「お尻を接触させた物」に
何かしらの原因がある可能性が高いですよね。

 

その“何かしら”は、もしかしたらダニかもしれない。
これは、大いに考えられることです。

 

ソファのダニ対策については
「どうする?ソファのダニ対策」でご紹介した通りですが、
では座布団は?

 

「普段は押し入れにしまったままで、
来客の時だけ取り出してくる。」

 

というお宅が多いと思うのですが、それは危険!

 

何かしらの対策を施しておかないと、
座布団の中でのダニの繁殖を許してしまいます。

 

ひょっとしたら、
「○○さんの家でダニに咬まれた。」
「○○さんって意外に不潔なんだ・・・。」
なんて不名誉なウワサを流されているかもしれませんよ。

「たまにしか使わないもの」が盲点!

みなさんのお宅では、「お客様に座布団を出す」
というシチュエーションはどのくらいの頻度?

 

毎日のように来客があるお宅であれば
汚れも目につきやすいでしょうから
こまめにカバーを交換したり天日干ししたりと、
自ずとメンテナンスの回数も増えるでしょう。

 

しかし、「普段はしまいっぱなし」「数か月に1回しか使わない」
ということになると、久しぶりに取り出した時には
うっすらとホコリを被っていたりカビ臭かったり。

 

それ、間違いなくダニの温床になっていますよ!

 

布団ほどではないにしても
人間の汗や汚れが付着しているものですから、
それを高温多湿な空間に無防備な状態で保管しておくというのは
「どうぞ、ここに御住みください」
とダニに住処を提供しているようなものです。

 

たまにしか使わない物だからこそ、保管方法は超・重要!

 

ダニがつかない状態で保管して
なおかつ定期的に取り出してお手入れする必要があります。

座布団のお手入れ法

では、座布団はどのように保管すれば
ダニの繁殖をブロックできるのでしょうか。

 

我が家で実践していて、なおかつ効果を実感しているのは

 

「ダニよけシートと一緒にビニール袋に入れて保管する」

 

という方法です。

 

アース製薬の「ダニバリア ダニよけシート」なら
天然ハーブの力でダニを除けてくれますので
ナフタレンのように「座布団が臭くなっちゃった」なんてこともありません。

 

効果も6か月持続しますので、
交換の手間もそれほど面倒くささを感じませんよ。

 

もう一つは、座布団を入れておくクローゼットに
ゲルタイプのダニ除け剤を置いておくこと。

 

こちらも、アース製薬のダニバリアシリーズが重宝します。

 

アース製薬の「ダニバリア ダニよけゲル」

 

この2つの対策でダニの繁殖はかなりのレベルまで抑えられますが、

 

プラスαで「掃除機をかける」「天日干しをする」も必須ですね。

 

こういったお手入れを少しでも楽にしたいのであれば、
「ダニがつきにくい座布団」を選んでみてはいかがでしょうか。

 

例えば、マイティトップの「洗える座布団」なら
抗菌・防臭機能に加えて「防ダニ」の効果もあります。

 

丸洗いもOKなウォッシャブルタイプの座布団ですから、
定期的に洗っておけばいつでも清潔な状態で
お客様をお迎えすることができますよ。

 

別売りで専用のカバーも販売していますので
ぜひチェックしてみてください!

 

楽天市場で購入すれば、税込み2,160円と
お値段がリーズナブルなのも魅力的ですね!

 

購入はコチラからが便利です。