ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ダイキン SLIM TOWER

休日に山に森林浴に出かけたりすると、
いかに自分がいつも汚れた空気を吸っているか思い知らされます・・・。

 

ダニや花粉、PM2.5などのアレルゲンも気になるし、
家の中の空気も常にキレイに保ちたい!
ということで、空気清浄機の購入を検討される方も多いことでしょう。

 

しかし、従来の空気清浄機は

 

デザインが野暮ったい!

 

というイメージ。

 

我が家でも使っていた時期がありますが、
イマイチ部屋のインテリアになじまないし
場所を取るので掃除の時も邪魔・・・ということで、
ほとんど使わずにハードオフに売ってしまいました。

 

しかし!
イマドキの空気清浄機はかなりオシャレです。

 

例えばダイキンの「SLIM TOWER」
部品を「上に積み上げる」ような設計になっていて、
その名前の通り、スリムで縦方向に長いデザイン!
部屋の中のちょっとした隙間にすっきり収まります。
(具体的には、横幅が27pで高さが70p)

 

この「70p」という高さは、一般的なデスクとだいたい同じ。
フォルムも無駄のない長方形型で、並べた時にも凸凹しない!
視覚的にも統一感があるので、
部屋全体がスタイリッシュな印象になります。

 

またブライトオレンジ、ホワイト、ミッドナイトブルー、ディープブラウンと
4色から選ぶことができます。
どれも上品なカラーなので、
インテリアのクラス感をUPさせてくれる効果も!
ご自宅のインテリアに合わせてセレクトしましょう。

 

機能の面では、まず、
「PM2.5」レベルの微小な異物もすばやく検知できる
「トリプル検知センサー」がついています。

 

さらに、プラズマイオンを放出して有害物質に付着させ、
タンパク質を酸化・分解して除去することができるという優れモノ!

 

0.1μmの微小サイズの粒子も99%分解・除去できるそうです。

 

これなら、空気中をハウスダストと一緒に待っている
ダニ死骸やフンの破片も効果的に除去できるでしょう。

 

お値段ですが、楽天だと52,000円くらい。
ちょっと高価な買い物にはなりますが、
これでアレルギーの元を絶つことができると思えば
このくらいの投資をしても損はないのではないでしょうか。

無印良品の空気清浄機 MJ-AP1

デザイン的にも機能的にも“ムダ”がなく、

 

「シンプルだけど確実に空気をキレイにしてくれる空気清浄機が欲しい」

 

という方には、無印良品の空気清浄機「MJ-AP1」をオススメします。

 

まずはデザインですが、真っ白な円筒形。
「真っ白」というところに、無印良品“らしさ”を感じますね。

 

特別なイオンも出ませんし、加湿機能もナシ。
最近の空気清浄機には珍しいタイプの商品です。

 

人工的に作る風ではなく、「自然界の風」を作り出す!
という斬新な発想から生まれた「Green Fan」という扇風機でおなじみの
「バルミューダ社」と共同で作ったという点も心強いですね。

 

設計についてはバルミューダ社が担当し、
デザインと生産は無印良品が行っているそうです。

 

だから、外観の“らしさ”はそのままに
スペックの高い空気清浄機を作り上げることに成功できたというわけ!

 

「デュアルカウンターファン」で室内の空気を動かし、
「360°集塵脱臭フィルター」で浮遊している物質をしっかりキャッチ!
W作用で部屋の空気をキレイにする空気清浄機です。

 

さきほど紹介したダイキンの商品に負けず劣らず、
0.1μmサイズのウィルスをも除去できるそうですから
ダニ対策にもオススメの空気清浄機です。

 

消臭効果のある活性炭フィルターも採用されているので、
ペットの気になるニオイにも!
実際に愛用している方の口コミによれば、

 

ずっと点けっぱなしにしていても月の電気代は100円前後

 

だそうです!

 

購入は無印良品のネットストアから。
お値段は39,000円です。

「空気清浄機をつけているから安心」は間違い!

このように、最近の空気清浄機はゴミだけではなく
微小なウィルスまでも吸い取ってくれるという高性能!

 

これならダニ対策もバッチリ・・・と、思われるかもしれませんが、
実はそこが落とし穴なのです!!

 

ダニは空を飛びませんので、空気清浄機を置いても
生きているダニは吸い取れません。
また浮遊しているハウスダスト(ダニの死骸や排せつ物)も
全てが空気清浄機に吸い寄せられるわけではありません。

 

ですから、
「うちは空気清浄機をつけているからダニ対策は大丈夫」
なんて油断はできないのです。

 

たとえ空気清浄機を付けていても、掃除機はこまめにかけること!

 

タンスやクローゼット、布団の対策も怠ってはいけません。

 

「空気清浄機を使ったダニ対策は、
100%の効果を保証するものではない」

 

これは肝に銘じておいたほうが良いと思います。