ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ゴキブリはダニを食べるって本当?

ダニと並んで、厄介者扱いされやすい虫といえば・・・

 

やっぱりゴキブリ!

 

ダニのように、目には見えない場所でコソコソと活動されるのも
あまり気持ちが良いものではありませんが、
ゴキブリのように堂々と家の中を歩かれるのも不快!

 

ゴキブリは大腸菌や黄色ブドウ球菌など
食中毒の原因となる細菌性病原体の運び屋です。

 

よって、ゴキブリがその汚れた身体でキッチン周りをちょろちょろしたり
糞で食物や食器、テーブルを汚染すれば、
そこに住む人の健康が脅かされるというわけ。
(サルモネラ菌は、ゴキブリのフンの中で数年間も生存できるそうですよ!)

 

ゴキブリは、消化できる物ならなんでも食べるそうですが、
なんとダニも捕食することがあるのだとか!

 

つまり、ダニが繁殖している家には
もれなくゴキブリも繁殖する可能性があるということ。

 

ダニ対策をすることは、
結果的にゴキブリ対策をすることにもつながるわけです。

「まとめて駆除する」という発想

ダニとゴキブリ。

 

ダニは節足動物門鋏角亜目クモ網ダニ目。
ゴキブリは節足動物門昆虫網ゴキブリ目。 

 

分類的には全く別の生物です。

 

しかし、彼が好む生息環境は非常に似ています。

 

【温度】20〜30℃
【湿度】60〜100%
【食べ物】塵、ホコリ、カビ、食べかす、人の垢やフケ、髪の毛

 

両者とも、私たち人間の生活環境を「快適だ!」
と感じる生物であることがおわかりいただけることでしょう。

 

同じような環境条件下で、
何百〜何万という子孫を残せるわけですから
生物としては尊敬に値する存在ですよね・・・。

 

彼らから見れば、少子化だ、なんだと騒いでいる私たち人間は、
非常に愚かで下等な生物に見えるのかもしれません。

 

さて、このようにダニとゴキブリは非常に似た性質を持っています。
ですから、「ダニだけ」「ゴキブリだけ」と
ターゲットを絞って対策をするよりは、

 

「いっそまとめて!」

 

という発想で対策を練ることが有効ですね。

 

エサとなる塵やホコリ、食べかすを減らすというのは基本中の基本。
それでもどうにもならない場合は、文明の利器を使いましょう!

頼りになるのは「くん蒸剤」

ダニとゴキブリをまとめて退治したい!
という場合に非常にお役立ちなのは、くん蒸剤です。

 

これは、有効成分が含まれた蒸気を
室内の隅々まで行き渡らせることによって
ダニやゴキブリを駆除しようという発想のアイテムです。

 

1〜2時間で部屋ごと殺虫できる!
というお手軽感が人気を呼んでいます。

 

複数のメーカーから色んなタイプの商品が出ていますが、
実際に使った方の中で評価の高い商品を以下にご紹介します。

 

アースレッドW ノンスモーク霧タイプ

 

有効成分:メトキサジアゾン、d-d-Tシフェノトリン

 

煙が出ないタイプなので、マンションやアパートにピッタリ。
脚で踏むだけ、という手軽さも人気の秘密です。
ダニやゴキブリの他、ノミやトコジラミ、ハエ、蚊にも効果があります。

 

リビング専用タイプもあります。

 

 

バルサンプロEX ノンスモークタイプ

 

有効成分:メトキサジアゾン、フェノトリン、d-d-Tシフェノトリン

 

こちらも煙が出ないタイプのくん蒸剤。
煙感知器も反応しないので、安心してご利用いただけます。

 

※ただし、効き目重視の場合は煙が出るタイプのほうをオススメします。

 

他の薬剤が効かないゴキブリも、これで一網打尽に!
火災報知器につける専用カバーも付いています。