ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

民間療法的?ダニには「酢」が効くらしい

我が家で犬を飼っていた頃、ダニ対策はもっぱら、
獣医師に処方してもらった「フロンライン」に頼り切りでした。
(詳細は「ペットはダニ発生の原因になる?」をご参照ください。)

 

特に気になる症状もなかったので
何の疑問も持たずに使っていましたが
同じく犬を飼っていた友人は
「フロントラインは副作用が出ることがある。
神経が麻痺したりすることもあるらしい」
ということで、フロントラインは断固拒否!

 

代わりに使っていたのが、お酢です。

 

彼女が言うには、ダニは酢に弱いのだとか。
犬がマダニに咬まれた時に、
酢をたっぷりと含ませたティッシュで患部を覆ったところ、
約数分でダニの身体があっけなく外れてきたそうです。

 

普通は、マダニに咬まれると
その身体を取り外すのはなかなか難しいですよね。
吸血している時に無理やり引きはがすと
口の部分だけが体内に残ったりしますが
お酢を使えばそれを防げるというのです。

 

「酢なら人間にとっても害にはならないから」

 

ということで、酢を薄めて作ったスプレーを犬の身体に噴射したりして
ダニ対策を行っている・・・とのことでした。
吸血前のダニも除去できる!
と断言していたのをよく覚えています。

 

確かにネットでも、「酢でマダニを除去できた」
というケースは数多く報告されています。

 

友人からその話を聞いた当時は
「いやいや。やっぱり市販薬が確実でしょ」
と思って試したことはありませんでしたが
これだけ多くの方が効果を実感しているということは
「酢でダニ駆除ができる」というのは本当なのでしょう。

お酢の効能に注目!

お酢は、便秘改善や疲労回復など、
健康面での効果がよく知られていますよね。

 

しかし、それ以外にも
生活の様々な場面で使えるお役立ちアイテムなんです!

 

酢の主成分は「酢酸」。
アルコール×酢酸菌の化学反応でできる物質で、
あの独特の“酸味”を作り出す元になっている成分です。

 

人間でも、濃度の濃いお酢を嗅ぐと
「うわっ」となってしまいますから
ダニがその刺激で思わず口器を外してしまっても
あながち不思議はありませんよね。

 

酢の代表的な効果は「殺菌・防腐」で、
食品の保存期間を長くするという目的でよく使われます。

 

実際、ほとんどの菌は酢酸につけておくと死滅してしまうそうですよ。
この性質を利用しているのが
「生ものを洗う時は薄めた酢水で洗う」というテクニックですね。
食中毒の予防になりますし、食品の寿命を延ばす効果もあります。

 

また、生ゴミに雑菌が繁殖するのを防ぐ作用もあります。
5倍くらいに薄めた酢水をスプレーでシュッと一吹きしておけば
あのいや〜なニオイの元を絶つことができるんですよ!

 

他にも、

 

「水虫の原因となる菌(白癬菌)を死滅させる」
「口蹄疫のウィルス蔓延を抑えることができる」

 

といった効果が知られています。

家庭菜園の虫よけにも!

お酢は、ダニ駆除の他にも様々な用途で“使える”アイテム!
例えば私は、買ってきた野菜や果物は
まず5倍に薄めた酢水に浸しておきます。
これによって付着した菌を取り除くことができ、
食中毒を防ぐことができるんですよ!

 

また、母は家庭菜園でお酢スプレー
(約50倍〜100倍に薄めたもの)を活用しています。
植物の葉っぱや茎に噴射しておくと、虫除けになるんです。
これは無農薬栽培ではよく使われる方法だそうですね。
主には、アオムシやアブラムシ、甲虫に効果があります。

 

私の母の家庭菜園は完全なる趣味の世界ですが、
もっと本格的に野菜を作っている方の間では
「木酢液」が人気のよう。
これは木のタールや酢酸を主成分としたもので、
炭を作る時の水蒸気を冷やすことによって得られる液体です。

 

水で500倍希釈して植物の葉っぱに塗っておくと、
このニオイを嫌う害虫が酔ってこなくなるんだとか!

 

物を燃やした時に生じるケムリのような、独特なニオイなので、
これを不快に感じて拒否する虫は多いそうですよ。
猫よけにも効くそうですから、ダニにも効果がありそうですね!