ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ベッドのダニ対策は布団よりも難しい

大人でも子供でも、喘息の原因の一つに「ダニ」があります。
ダニそのもの、というよりは、彼らの死骸やフンを吸い込むことが
発作を引き起こすのです。

 

「体質的なものだから仕方がない」と思われがちですが、
家の中の環境を見直すことで症状は劇的に改善するのだとか。
最も効果的なのは、「寝具」のダニを減らすことだそうです。

 

寝具には、私たちの汗や垢がたっぷりと吸収されています。
大好きな「高温多湿」、おまけにエサもある!ということで
ダニたちにとってはまさに天国なわけですが・・・。

 

「布団を干す」ということはあっても
、「ベッドを干す」ってあまり聞きません。
マットレスが非常に分厚くて動かしにくいので、人によっては
「一度も干したことがない」という方もいるのではないでしょうか?

 

ということは、何も対策をせずにいれば、
ベッドのマットレスには何年もの汚れが蓄積されていくわけです。

 

当然、ダニの数も尋常ではない数になっているはず・・・。
想像しただけで恐ろしい!!

 

ベッドのマットレスにシーツを敷いて直接寝ているなら、
今すぐやめてください。

 

もう、そのマットレスは捨てたほうが良いレベルかもしれません。

ベッドパットとは?

布団とは違って、ベッドのマットレスはそう簡単には干したり
乾燥機をかけたりすることができません。

 

では、どうすれば良いのか?

 

「ベッドの上に布団を敷いて寝ている」という方もいますが、
手っ取り早いのは

 

「マットレスの上にベッドパットを敷く」

 

という方法です。

 

マットレスの上に被せるカバーのようなもので、
これを敷くことによって
マットレスに汚れが付着するのを防止することができます。

 

図のように、マットレスの上にベッドパットを敷き、その上にシーツをかけて、
さらに敷パッドを置いて寝るのが理想的ですね。

 

 

ベッドパットは簡単に取り外して洗うことができますので、
もしここにダニが繁殖したとしても
お洗濯すればダニや死骸を洗い流すことが可能!
最低でも1週間1回は洗濯をして、
マットレスにもまめに掃除機をかけましょう。

 

ちなみに、ベッドパットには素材や加工方法によって
いくつかの種類があります。

 

汗をよく吸収して早く乾くもの、
厚みがあって寝心地が良いもの、
ヒンヤリとした感触のもの、逆に“温感”のあるもの、
抗菌・防臭・防ダニ効果の高いもの・・・。

 

ネット通販大手の楽天市場の売れ筋ランキングで
上位に入っているのは、帝人(TEIJIN)のベッドバッド
ダニが嫌う忌避剤を使用しているので、ダニが寄り付きにくい!
(もちろん、安全試験で人体への影響がないことも確認されています。)

 

Sシングルサイズ(100×200p)なら税込み2,980円と
リーズナブルな点も人気の秘密なのかもしれませんね。

 

ニトリもベッドパッドのラインナップが豊富!
吸水速乾タイプのものなら1,843円〜3,695円と、
こちらもお求めやすい価格となっています。
ぜひ、お近くの店舗へ出かけてみましょう。

まだある!ベッドの対策

ただ、「ベッドパット敷いているから」と安心してしまうのは危険です。
それだけでは、ダニ対策が万全とは言いきれません。

 

何か月、何年・・・と使い続けるうちに
マットレスにも汚れが溜まります。
(実際に使ってみればわかりますが、ベッド周りにはホコリが溜まりやすい!)

 

不潔にしていればカビやダニの温床になりますので、
定期的に掃除機をかけたり、
裏・表をひっくり返したりする必要があります。

 

ベッドのネット通販のサイトによれば、ダニの発生を抑制するためには、
最低でも3か月に一度はマットの向きを変更したほうが良いそうですよ。

 

また、盲点なのはベッドの下です。

 

隙間が狭くて掃除がしにくいデザインのものもあるかもしれませんが、
ここには部屋のほこりやベッドの布団から出るゴミが溜まりやすいんですよ。

 

しかも日が当たりにくく、ジメジメと湿気が溜まりやすい!
ダニが住処として選ぶにはもってこいの場所です。

 

ベッドを選ぶ際は、なるべく下の空間が大きく空いているものを選び、
(よくある、ベッド下が収納スペースになっているタイプは危険です!)
こまめに掃除してホコリを溜めないようにしましょう。