ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

ステロイドとは?

アトピー性皮膚炎の治療などでおなじみの「ステロイド」。

 

薬の成分だということは知っていても、
具体的にどんな作用があるのか知らない。
でも、あまり身体に良くないというイメージだ。

 

・・・という認識の方も多いのではないでしょうか。

 

実はこのステロイド、
私たちの体内で作られているホルモンの一種です。
(作っているのは、「副腎皮質」という臓器です。)

 

主な作用は、炎症反応を抑制すること。
炎症とは、身体の中の細胞が
なんらかの原因で傷つけられることによって
赤くなったり熱を持ったりしてしまうことです。

 

あっちこっち炎症だらけというのは、
わかりやすく例えると町中で火事が発生しているようなものですから
これを「消火」してくれる成分はとても重要なのです。

 

つまり、「炎症を人工的に抑えるため」という目的で、
ステロイドを人工的に作った薬を塗ったり飲んだりするわけですね。

 

また、ステロイドはアレルギー症状の緩和にも効果的です。
アレルギー症状とは、外部から体内に入ってきた異物に対して
身体が必死に抵抗してその物質を取り除こうとしている状態。
本来は身体にとって不可欠な防御反応ですが、
それが過剰になると本人にとって不都合な症状を引き起こします。
(かゆみや咳、鼻水など)

 

ステロイドには体内の免疫機能が働きすぎないように
コントロールしてくれる働きがありますので、
アレルギー症状の治療薬としてもよく使われるわけです。

 

ダニに刺された場合に出るかゆみも、アレルギー症状の一つ。
ですから、
「ダニ刺されにはステロイドが入った薬が効く」
と言われるわけです。

ダニ刺されにもステロイドが効果的?

虫刺されといえども、
本来であれば医師に処方された薬を塗るのがベスト。
ダニの場合は跡が残りやすいので、
素人判断せずに医師の治療を受けることをオススメします。

 

ただ、忙しくてどうしても病院に行けないこともありますよね。
また、旅先でダニに刺されてしまったりすると、
すぐには病院に行けません。

 

でも・・・かゆい、とにかくかゆい!!!

 

そんな時は、ドラッグストアでステロイド入りの塗り薬を購入しましょう。
一時的にでも、かゆみがずいぶんと楽になります。
患部をかきむしってしまうと、皮膚に傷ができて
そこからバイキンが入って炎症を起こしてしまうこともありますし、
応急処置としてとにかくかゆみを抑えることが大切です。

 

ドラッグストアに行くと、
「ステロイド入り」と「非ステロイド」の薬がありますが、
かゆみを抑えるという意味では、断然、ステロイドがオススメです。

 

「でも、副作用があるって聞くから、なんだか怖い」

 

という方も多いかもしれませんが、
ステロイド剤は強さによって5段階に分かれています。
市販されているのは「第二類医薬品」「第三類医薬品」で、
それほど強くはありません。
(医者からもらった薬のほうが効くのは、そのためです。)

 

それでも、ノンステロイド薬に比べれば
「かゆみ」に対する効果はテキメンですから、
医師に処方される第一類医薬品を塗るまでの
「つなぎ」の意味でも試してみる価値はあるでしょう。

 

市販薬されているステロイド外用薬は、大きく次の3つに分けられます。

 

@ ステロイドとかゆみ止めが配合されたタイプ
抗ヒスタミン成分やクロタミトン等でかゆみを抑えます。
よく使われているムヒアルファはここに属します。

 

A ステロイドと抗生物質が配合されたタイプ
患部の炎症を鎮める作用があります。
掻きすぎて患部がただれてしまった場合などにオススメです。

 

B ステロイドのみが配合されたタイプ
最もシンプルなステロイド剤です。
@Aに比べると効果は緩やかですが、
「余計な成分が入っていない」という安心感がありますね。

ステロイド剤を使う場合の注意点

ただ、ステロイド剤には、ちょっと心配な副作用もあります。
ダニに刺されたことによるアレルギー反応を
抑えてくれるのは助かるのですが、
正常な免疫機能をも抑制してしまうことがあります。

 

免疫機能が落ちてしまうということは、
言い換えれば「身体が休戦モードになってしまう」ということ。

 

風邪を引きやすくなったり、
悪化して肺炎になってしまったり、
ウィルス性の病気にかかりやすくなったり。

 

皮膚が過剰に敏感になってしまったり、
「ニキビができやすくなる」という話もよく耳にします。

 

体内で分泌されるステロイドホルモンとの関係は?

ステロイド剤を継続して服用していると、
体内のステロイドホルモンの生成が抑制されます。
(身体が、「十分にあるから要らないね!」と認識して
生成するのをセーブしてしまうのです。)
ステロイドホルモンには骨や筋肉を強くする作用がありますので、
これが不足すると背が伸びなくなったり骨が弱くなったりすることがあります。

 

とはいえ、常識的な使い方をしている範囲内では、
こういった副作用が極端に表れやすくなることはありません。

 

少なくとも、
「ダニ刺されの治療のためにちょっとの期間だけステロイド入りの薬を塗った」
という程度では、不安を感じるような副作用はありませんのでご安心を。

 

ただ、薬を「塗る量」「塗る場所」「塗る期間」については
薬の説明書や医師の指示をしっかりと守りましょう。

関連ページ

ダニに刺された!正しい対処法は?
刺された跡を残さないために
この赤い発疹はダニの仕業?
この赤い虫はダニ?
ダニに刺されたときの痛みはあるのか
陰部に住み付くダニ
ダニは人にうつるの?
ダニで化膿したときの対処法
腕だけ刺された!これってダニ?
オロナイン軟膏でのケア
ダニか蚊か?見分け方のポイント
キンカンの使い方
チーズを美味しくするダニ
タイ料理とダニの意外な関係
ササラダニの生態
我が家にダニはどれだけいるの?検査方法
刺されやすい血液型はあるのか
水ぶくれの対処
ダニ刺されの治療法
このチクチクの正体はダニ?
テラコートリルはダニに効く?
「とびひ」の症状と対策
ダニとトコジラミの違いは?
ダニに狙われやすい体質はある?
ダニは日光に弱い?
ダニの傷跡にはリンデロンが効く?
ダニとノミの違い
ダニはお風呂が大好き?
ダニ被害とヘルペスの見分け方
ダニはメントールが苦手
米に虫が大発生!これってダニ?
ダニの傷跡治療にオススメの市販薬3選
紛らわしい!ダニと南京虫の違い
夢にダニが出てきた!その意味は?
レボリューションの効果と副作用
レスタミン軟膏は虫刺されに効くの?
自然療法「レメディ」とは
ロコイドでかゆみを撃退!
減感作療法薬とは?
ダニに刺された時の解毒方法