ダニの総合情報サイト | ダニ退治110番

「とびひ」とは?

子供の頃、よく「とびひ」になっていたという方も多いのでは?
また、「子どもはとびひになりやすい」という話も、
きっとみなさん、一度はどこかで耳にしたことがあるはずです。

 

とびひとは、わかりやすく言えば、まさに「飛び火」!
燃えるものを求めて火が移動していくのと同じように、
皮膚の疾患が全身に広がっていく様を表した病名です。

 

正式には

 

「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」

 

といいます。

 

例えば、なんらかの原因で皮膚の一部に水ぶくれができたとします。
本来は破らずにそのままにしておいたほうが良いのですが、
かゆかったりするとついつい掻いてしまいます。

 

その時、水ぶくれが破けて患部にジュクジュクした傷ができると、
黄色ブドウ球菌などのバイキンが繁殖します。
この患部を掻いた指には、
もれなく菌が付着することになりますよね?
さらにその手を洗わずに他の部分を触ったら・・・

 

そうです、手で触れた部分にも症状が広がってしまうのです!

 

ダニ刺されでも、とびひを発症してしまうケースが多いようです。
それは一体どのようなメカニズムで、
どんな症状が表れるのでしょうか。

ダニ刺されで「とびひ」ができるメカニズム

ダニに刺されると、とにかくかゆい・・・。
冷やしたり薬を塗ったりしないと、
いても立ってもいられないレベルのかゆみです。

 

「だからといって掻いてしまえば、跡が残ってしまうかもしれない」
と、大人であれば「掻く」という行動を制限できるでしょう。

 

しかし、子供は衝動に任せて思い切り掻いてしまいます。
それも、あちこち触りまくって汚れた手で・・・。

 

すると患部に傷ができ、そこに細菌が入り込み、増殖します。

そんなこととは知らずに、また掻く。

掻いた手で、身体のあちらこちらを触る。

症状が他の部分の皮膚にも広がっていく。

 

・・・このような流れで、とびひの症状が広がっていくわけです。

 

さて、実は「とびひ」には実は種類があり、
「水ぶくれができるタイプ(水疱性膿痂疹)」と
「かさぶたができるタイプ(痂皮製膿痂疹)」があります。

 

それぞれ、原因となる菌や
表れる症状が異なりますので覚えておきましょう。

 

【水疱性膿痂疹】

 

黄色ブドウ球菌という、ブドウのような形をした細菌が原因で発症します。
症状は、水ぶくれやかゆみがメイン。
主に夏に発症しやすいと言われています。
また、7歳未満の乳幼児が感染しやすいそうです。

 

【痂皮製膿痂疹】

 

化膿レンカ球菌が原因となって発症します。
丸い形の菌が鎖のように連なっている(連鎖している)ことから
この名が付けられたということです。
症状はかさぶたや発熱、リンパ節の腫れ、のどの痛みなど。
季節・年齢を問わず発症します。

効果的な治療法と予防法

ダニ刺されが原因でとびひになってしまった場合は、
とにもかくにも原因となっている菌を殺さなければなりません。

 

主には、抗菌薬を塗ったり飲んだりして治療します。

 

また、かゆみが治まらなければ同じことの繰り返しですので、
抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬など
「かゆみを抑える薬」も併せて処方されることが多いようです。

 

小さな子供は、肌のバリア機能が弱いので
症状が広がりやすいですし、
なおかつかゆみに対する耐性も弱いですよね。
親としては、かゆがる姿を見ているだけでもツライものです。
(グズられるのはもっと苦痛ですが・・・)

 

なんとか、とびひになる前にブロックしたいところですよね。

 

そのためには、以下のポイントを意識して、
お子さんにも「毎日の習慣」として定着させるべきです。

 

  • 外出後はよく手を洗って清潔に保つ。
  • 爪をこまめに切る。
  • 鼻をいじらない。(鼻の中には細菌がいっぱい!)

 

とはいえ、イヤイヤ期のちびっこにこれらを守らせるのは
相当の気力と体力が要ります。

 

もし、小さなお子さんがダニや蚊に刺されれてしまったた場合は、
患部にかゆみ止めのパッチを貼りましょう。
そうすることによって、

 

「かゆみを鎮める」
「キタナイ手で掻くのをブロックする」
「患部に傷を作らない」

 

の3つを同時にクリアすることができます!

 

小さな子供はシールが大好き!

 

「さあ、かゆいところにシールペタペタしよっか!
魔法のシールだから、
貼るだけでかゆいのがどこかに飛んでっちゃうよ!」

 

などと諭せば、興味津々で素直に貼らせてくれると思いますよ。
(なかには手ごわいお子さんもいるかもしれませんが・・・。)

 

 

「とびひ」は出席停止の義務がある病気ではありませんので
基本的にはいつも通り学校に行ってもOKです。

 

ただ、他のお子さんへの影響もありますので、
念のため先生に相談したほうが良いですね。
皮膚の露出や接触が多くなる夏場は、
欠席するよう促されるかもしれません。

 

通学する場合は、必ず患部をガーゼでカバーしましょう。

関連ページ

ダニに刺された!正しい対処法は?
刺された跡を残さないために
この赤い発疹はダニの仕業?
この赤い虫はダニ?
ダニに刺されたときの痛みはあるのか
陰部に住み付くダニ
ダニは人にうつるの?
ダニで化膿したときの対処法
腕だけ刺された!これってダニ?
オロナイン軟膏でのケア
ダニか蚊か?見分け方のポイント
キンカンの使い方
チーズを美味しくするダニ
タイ料理とダニの意外な関係
ササラダニの生態
我が家にダニはどれだけいるの?検査方法
刺されやすい血液型はあるのか
ダニ刺されにはステロイドを使うべき?
水ぶくれの対処
ダニ刺されの治療法
このチクチクの正体はダニ?
テラコートリルはダニに効く?
ダニとトコジラミの違いは?
ダニに狙われやすい体質はある?
ダニは日光に弱い?
ダニの傷跡にはリンデロンが効く?
ダニとノミの違い
ダニはお風呂が大好き?
ダニ被害とヘルペスの見分け方
ダニはメントールが苦手
米に虫が大発生!これってダニ?
ダニの傷跡治療にオススメの市販薬3選
紛らわしい!ダニと南京虫の違い
夢にダニが出てきた!その意味は?
レボリューションの効果と副作用
レスタミン軟膏は虫刺されに効くの?
自然療法「レメディ」とは
ロコイドでかゆみを撃退!
減感作療法薬とは?
ダニに刺された時の解毒方法